あなたの街のときめき百貨店めぐり

人と時代をつなぐ

仙台三越

歴史ある建造物

昭和8年(1933年)4月に三越11番目の支店としてオープン。地下1階・地上5階・総床面積4,620㎡、屋上庭園を有する高層建築で店内各所に最新式設備が施されていました。

アテンダントサービス

平成28年より、お客さまのご要望を伺い、豊富な品揃えから買物のお手伝いをさせていただく「アテンダントサービス」を提供。お客様満足度の向上に努めております。

包装紙

日本の百貨店で初めてのオリジナル包装紙「華ひらく」。猪熊弦一郎氏が海岸で波に洗われる石を見てこのデザインが生まれました。mitsukoshiのロゴは当時宣伝部の社員だった漫画家やなせたかし氏によるもの。

ショッピングバッグ

人間国宝である友禅作家 森口邦彦氏による白地位相割付文「実り」のデザイン。たわわに実るりんごを幾何学文様で表現しています。

美味百貨コラム

B1F スイーツパーク・菓遊庵

バラエティにとんだ全国銘菓のセレクトショップ「スイーツパーク・菓遊庵」。全国の銘菓が揃う他、店内厨房で焼き上げる仙台三越限定「モロゾフ」プリン焼き、「ジョアン」ミニクロワッサンなど、デイリーのおやつから手土産まで充実のラインナップです。

技の百貨コラム

オリジナルだるま

仙台三越の「むつめくTOHOKU」と、“伝統工芸はデザインで生まれ変わる。”をスローガンに、ほしい!と思える和雑貨作りを目指す「hanjiro」がコラボレーション。伝統の技が活きた、キュートでポップなオリジナルだるまが完成しました。

ニュース百貨コラム

むつめくTOHOKU

地域共生を目的にした仙台三越のオリジナルキャンペーン。東北のつくり手や地域と連携し、東北の商品をブランド化し、全国・世界への発信を目指しています。“むつめく”とは「東北のむっつの県が、今以上にときめく、きらめく」という願いを込めた造語です。

仙台三越

地下鉄南北線勾当台公園駅より徒歩約1分

公式HP

  • ※掲載情報は2017年11月現在のものです。名称、仕様、内容は予告なく変更・終了する場合があります。
  • ※詳しい内容に関しては、各百貨店までお問い合わせください。
  • ※写真は一部イメージです。