あなたの街のときめき百貨店めぐり

お客様の声に生きよ。

浜屋百貨店

長崎の街

鎖国時代、長崎の出島は、世界への唯一の窓口でありました。今もなお長崎の街には、活気溢れる異国の匂いが伝わってきます。 チンチン電車の走る街、NAGASAKI。浜市アーケード街は、若者たちで賑わう長崎一のショッピングストリートです。昔は海の上です。暗渠の上に建っています。

浜屋の商標

浜屋の商標は東浜町の地名の『浜』をとってつけられました。ひげの3・5・7は祝儀に用いられる縁起のよい数字です。又字体は末永く栄える末広がりです。

包装紙・ショッピングバッグ

デザインは岡田健三画伯。画伯は1950年に渡米し、コロンビア大学の講師を務めるなど国際的にも高評価され、数々の受賞をされています。このデザインは岩田屋が採用されていたものを1981年11月より使用しました。

美味百貨コラム

本館BF銘産品売場【唐草】コーナー

長崎の歴史を伝える「物語のあるお菓子づくり」を目指し、長崎らしいお菓子をお届けしております。
創業当時からの主力商品、ロマンの銘菓「長崎物語」は、細長いバームクーヘンの中にクリームがたっぷり詰まった、当時では全く新しいタイプのお菓子でした。一貫したこだわりが、今も変わらない菓舗唐草のお菓子づくりに活かされています。長崎土産として定番となった人気のお菓子です。

技の百貨コラム

【長崎再発見】【長崎マルシェ】

地域の活性化につながる地産地消の取組みとしてまだあまり知られていない長崎出身のデザイナー、作家さんたちをさがし、『長崎再発見』、『長崎マルシェ』として、手作りのバッグ、アクセサリー、日用雑貨、衣料の作品を定期的に展示、販売しています。

ニュース百貨コラム

【長崎くんち】

「長崎くんち」は長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭で、毎年10月7日から3日間、長崎の町を挙げて催されます。現在、踊町は長崎市内に全部で59カ町あり、全町が7つの組に区分されています。奉納踊を出す当番は7年に一度回ってきます。2017年は我が浜の町(旧 東浜町)が踊町となり、『竜宮船』を奉納しました。我が浜屋からも3名が曳き手、笛方として参加し祭りを盛り上げました。

浜屋百貨店

JR長崎駅より長崎電鉄(正覚寺行き)に乗り、観光通下車、徒歩3分

公式HP

  • ※掲載情報は2018年8月現在のものです。名称、仕様、内容は予告なく変更・終了する場合があります。
  • ※詳しい内容に関しては、各百貨店までお問い合わせください。
  • ※写真は一部イメージです。