あなたの街のときめき百貨店めぐり

いいものいっぱい
玉屋でお買いもの

佐賀玉屋

佐賀玉屋

文化3年(1806年)に牛津町で初代田中丸善茂が間口二間足らずの小さな荒物商を創業して以来200年の歴史を持つ県内唯一の百貨店です。

縁起物の5円玉

毎年、年末になると未使用の5円玉を2,000枚持って、鎌倉の銭洗弁財天宇賀福神社へ佐賀からお清めに行っています。めちゃくちゃ重くて大変ですが、縁起物として、初売りの日にお客様へ配るため頑張っています。

包装紙

バラの包装紙といえば佐賀県では玉屋となります。古い髙島屋さんの包装紙とそっくりですが、いつからかわからないくらい昔から使わせてもらっています。

ショッピングバッグ

洋画家の高岡徳太郎氏による、モダンローズという品種の「輪バラ」です。
他県の方が見られると髙島屋さんと間違えられるみたいです。

美味百貨コラム

初代・善三

創業200週年を記念して発売した清酒が人気です。玉屋の店祖である善三の名を冠し、純米大吟醸「初代・善三」を佐賀玉屋特別限定品として販売しています。

技の百貨コラム

焼物の町「佐賀」

佐賀には焼物の町、有田、唐津を有しています。特に佐賀の三右衛門といえば柿右衛門、今右衛門、中里太郎右衛門の事を言います。

ニュース百貨コラム

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

11月に行われる佐賀インターナショナルバルーンフェスタでは期間中80万人が訪れる大イベントです。昔は佐賀玉屋にもバルーンクラブがあり、玉屋マークが付いたバルーンで競技に参加していました。現在は会場内にふるさと物産館を出店し、佐賀県の名産品を販売しています。

佐賀玉屋

JR佐賀駅より徒歩約15分

公式HP

  • ※掲載情報は2018年8月現在のものです。名称、仕様、内容は予告なく変更・終了する場合があります。
  • ※詳しい内容に関しては、各百貨店までお問い合わせください。
  • ※写真は一部イメージです。